Template:Selfref

ナビゲーションに移動 検索に移動
テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュを破棄]

本テンプレート{{selfref}}は、ウィキペディアのミラーサイトでは意味をなさなくなるような文章、あるいはリンクを記述するためのテンプレートです。記事冒頭で使うWikipedia:ハットノートに分類されています。ほとんどの場合、本テンプレートは、通常名前空間からWikipedia:名前空間への曖昧さ回避リンクを作成するために使われます。Wikipedia:ウィキペディアへの自己言及も参照してください。

このテンプレートはsubst展開するべきではありません。

使用例[編集]

たとえば、英語版のObjectivity(客観性)では、和訳するとこのように使われています。 {{selfref|偏りを避けるウィキペディアの方針については、Wikipedia:中立的な観点を参照。}}

「客観性」という記事の内容がウィキペディアのミラーサイトで表示された場合に、このような案内があっても閲覧者に混乱を招くので非表示にするということが考えられます。

使い方[編集]

基本的な使い方はこうです。メッセージの表示は少しインデントされ、イタリック体となります。

{{selfref|自己言及を含むメッセージ(リンクも可)。}}

本テンプレートに限ったことではありませんが、もしメッセージが = を含む場合、次のようにエスケープする必要があります。

{{selfref|1=自己言及を含むメッセージ(リンクも可)。}}

これ以外にも、本テンプレートはミラーサイトで表示されるべきではないあらゆる表現に使うことができます。ミラーサイトは、必ずしもそうしなければならないというわけではありませんが、{{selfref}}を空白に置き換えることで、それらの表現を削除することができます。このような場合、パイプ | をテンプレートの末尾に加えることで、テキストは整形されることなくインラインで表示されます。

{{selfref|インラインで表示される、自己言及を含むメッセージ。|}}

関連項目[編集]

ミラーサイトにも表示されるべき、Wikipedia:名前空間へのリンクを記述するためのテンプレート。たとえば、ウィキペディアについての記事や関連する事柄を書くときなどに使われる。
  • {{WikipediaPage}} 特に通常の記事空間の冒頭にて、その項目名に関するウィキペディアの説明ページを案内します。