Template:Selfref

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Documentation icon テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュ破棄]

使用例[編集]

{{selfref}}は、ウィキペディアのミラーサイトでは意味をなさなくなるような文章あるいはリンクを記述するためのテンプレートです。Wikipedia:自己参照を避けるも参照してください。

ほとんどの場合、{{selfref}}は、通常名前空間からWikipedia:名前空間への曖昧さ回避リンクを作成するために使われます。たとえば、英語版のen:Objectivity (journalism)には、{{selfref|For Wikipedia's policy on avoiding bias, see [[Wikipedia:Neutral point of view]].}}という記述があります。このように{{selfref}}を使う場合、次のような形式で記述します。

{{selfref|自己言及を含むメッセージ(リンクも可)。}}

{{selfref}}に限ったことではありませんが、もしメッセージが「=」を含む場合、次のようにエスケープする必要があります。

{{selfref|1=自己言及を含むメッセージ(リンクも可)。}}

このように{{selfref}}を使った場合、メッセージは少しインデントされ、イタリック体で表示されます。

これ以外にも、{{selfref}}は、ミラーサイトで表示されるべきではないあらゆる表現に使うことができます。ミラーサイトは、必ずしもそうしなければならないというわけではありませんが、{{selfref}}を空白に置き換えることで、それらの表現を削除することができます。このような場合、パイプ「|」をテンプレートの末尾に加えることで、テキストは整形されることなくインラインで表示されます。

{{selfref|インラインで表示される、自己言及を含むメッセージ。|}}

このテンプレートはsubst展開するべきではありません。

関連項目[編集]

ミラーサイトにも表示されるべき、Wikipedia:名前空間へのリンクを記述するためのテンプレート。たとえば、ウィキペディアについての記事や関連する事柄を書くときなどに使われる。