検索結果

ナビゲーションに移動 検索に移動
  • 野島 廣司(のじま ひろし、1951年〈昭和26年〉1月12日 - )は、日本の実業家。株式会社ノジマ社長、アイ・ティー・エックス株式会社社長。 神奈川県相模原市出身。1973年(昭和48年)3月中央大学商学部卒業。 父親はもともと会社員だったが、野島が小学校の頃に脱サラをして電気店を始めた人物。
    4キロバイト (526 語) - 2018年8月5日 (日) 06:52
  • ITXで知られるアイ・ティー・エックス株式会社は日本のIT系商社。株式会社ノジマのグループ企業。 主な事業は、携帯電話販売、法人向けアプリケーション販売等。 元々は日商岩井(現・双日)傘下の、電子回路基板等の販売会社として1986年に設立(当時の社名は「株式会社サニック」)。その後一度休眠会社とな
    7キロバイト (630 語) - 2018年4月1日 (日) 09:31
  • 株式会社ノジマ(英称:Nojima Corporation)は、神奈川県横浜市に本社を置く家電量販店の企業。ケーズホールディングスに次ぐ業界6位。組織形態は指名委員会等設置会社。 店内アナウンスやチラシ広告では「デジタル専門店・ノジマ」「デジタルネットワーク・Nojima」等といったキャッチフレー
    36キロバイト (4,794 語) - 2019年1月10日 (木) 04:34
  • テクノロジーアドバイザー。ほか、立命館大学大学院経営管理研究科客員教授、株式会社角川グループホールディングス、株式会社角川マガジンズ、楽天株式会社株式会社ノジマ、株式会社マーベラスAQLの各社で、社外取締役を務める。 1999年4月よりソニー・コンピュータエンタテインメント (SCE)
    20キロバイト (2,666 語) - 2018年10月25日 (木) 00:56
  • “(開示事項の経過)株式会社京王ズホーディングスとの業務資本提携及び第三者割当増資引受(子会社化)に関するお知らせ (PDF)”. 株式会社ノジマ (2014年3月10日). 2014年3月13日閲覧。 ^ “株式会社ノジマが公表した(開示事項の経過)株式会社京王ズホーディングスとの業務資本提携及び第三者割当増資引受(子会社化)に関するお知らせについて
    14キロバイト (1,772 語) - 2018年9月22日 (土) 19:20
  • た後、2003年3月に同社を吸収合併した。 デジタルカメラの急速な普及に対する対応が遅れたため、売り上げが大幅に減少し経営が悪化。家電量販店の株式会社ノジマと業務・資本提携し、同社の子会社となることで再建を図ろうとしたが、計画を実行する前に会社更生法適用の申請に追い込まれ、事実上の倒産。会社更生手
    10キロバイト (1,149 語) - 2017年7月5日 (水) 06:26
  • - 株式会社ウェィヴ(2代目)設立。 1995年9月 - 株式会社ピサが、ウェィヴ事業を株式会社ウェィヴに営業譲渡。 2006年 2月 - 株式会社ノジマ・グループに買収され、その傘下に入る。 5月 - 株式会社WAVEに商号変更。 2008年10月 - メディアマーケテイングシステム株式会社に買収され、その傘下に入る。
    7キロバイト (772 語) - 2018年7月21日 (土) 13:52
  • 部などを改修せず、合併前の旧ロゴを掲出したまま営業を行っている店舗もある。合併当初、真電各店舗で発行される領収証・レシートの社名・店名表記は「株式会社ノジマ 真電○○店」となっていた。 真電はこの合併に伴い、老朽化し且つ業績が悪化している店舗の閉鎖を進め、2007年2月までに物見山店(新潟市、現東
    21キロバイト (3,067 語) - 2018年7月6日 (金) 02:56
  • https://www.jiji.com/jc/article?k=2017091600515&g=spo 2017年10月22日閲覧。  ^ [1] ^ “株式会社ノジマと「タイトルパートナー」契約を締結”. 卓球 Tリーグ(T.LEAGUE). (2018年11月13日). https://tleague.jp/news/article/324/
    17キロバイト (1,333 語) - 2018年12月30日 (日) 14:39
  • )を起用していた。 ^ かつてのGOODWILL1号店跡地でもある ^ “株式会社グッドウィルとの業務提携に関するお知らせ (PDF)”. 株式会社ノジマ (2005年10月14日). 2013年12月25日閲覧。 ^ グッドウィル社との一部資本提携を含む業務提携について (PDF)
    10キロバイト (994 語) - 2018年11月4日 (日) 17:27
  • Launch Padで優勝。サービスと会社名を一致させるため、2016年8月19日に株式会社キッズラインへ社名を変更した。 2015年6月に株式会社ノジマの社外取締役就任、2017年6月にりらいあコミュニケーションズ株式会社の社外取締役に就任した。 2015年 - IVS 2015 Spring
    11キロバイト (1,199 語) - 2018年8月31日 (金) 06:17
  • - クラウド事業を中心とする富士通クラウドテクノロジーズ株式会社と、コンシューマ向け事業を中心とするニフティ株式会社に分社。ニフティ株式会社が株式会社ノジマの完全子会社となる。 2017年11月 - デイリーポータルZおよび東京カルチャーカルチャーを東急グループのISPであるイッツ・コミュニケーションズに事業譲渡。
    27キロバイト (3,245 語) - 2019年1月6日 (日) 02:30
  • 、設立3年目でのなでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ1部)入りを目指すとした。 2014年2月、チームの運営法人を、ノジマ本体から子会社の「株式会社ノジマステラスポーツクラブ」に移管した。また、相模原市及び地域との連携強化のためチーム名を「ノジマステラ神奈川相模原」と改め、ホームタウンとした。こ
    38キロバイト (3,190 語) - 2019年1月13日 (日) 12:09