湯浅和也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
GAINAから転送)
移動先: 案内検索
湯浅 和也
プロフィール
リングネーム GAINA
シーサー王
かめごろー
湯浅 和也
本名 湯浅 和也
ニックネーム 緑の魔人
身長 175cm
体重 140kg
誕生日 (1979-12-10) 1979年12月10日(37歳)
出身地 徳島県那賀郡那賀町
所属 フリー
トレーナー 新崎人生
デビュー 1999年9月11日
テンプレートを表示

湯浅 和也(ゆあさ かずや、1979年12月10日 - )は、日本プロレスラーリングネームGAINA(ガイナ)。

経歴[編集]

1999年9月11日みちのくプロレス岩手県大迫町カントリープラザの対新崎人生戦でデビュー。デビュー当初は新崎人生に連戦連敗の日々だったが、藤田穣(現:藤田ミノル)などと激闘を繰り広げるうちに徐々に注目されるようになる。

2004年2月、スーパーJカップに出場し、1回戦で井上亘と対戦して敗れはしたものの評価されて続いて4月には新日本プロレスヤングライオン杯にも出場して準優勝に輝いた。10月に行われたみちのくふたり旅2004タッグリーグ戦では気仙沼二郎とのタッグチームザ・グレート・サスケ&ガルーダ組と並んで2位という好成績を残し、ハッスルにもハッスル軍のケッパレY・湯浅和也として参加。12月3日後楽園ホール大会からリングネームを本名の湯浅和也からGAINAに改名してワイルドなイメージにギミックチェンジ。

2005年、新崎人生と共に東北タッグ王座を獲得。

2006年5月、スキルアップのため一時期、みちのくプロレスを離れることを発表したが、抗争相手の大阪プロレスマットに登場し、みちのく退団をほのめかす発言をする。6月、みちのく正式退団、同時に大阪プロレス所属となる。スペル・デルフィンとテッド・タナベと共に、みちのくプロレスへ抗争を仕掛ける。タナベとの悪徳コンビにみちのく、大阪ファンから非難を浴びるヒールっぷりを披露。その後、デルフィンとは、サスケにベルト奪取されたのを機に決別する。11月、大阪プロレス、タイガースマスクを下し、天王山2006トーナメントで優勝。アジアン・コンドルゼウスと共に軍団を結成。ザ・グレート・サスケを下して第9代東北ジュニアヘビー級王者となる。

2007年11月、東北ジュニアヘビー級王座の防衛に失敗。12月、ゼロとともに大阪プロレスタッグ王座を奪取。

2008年沖縄プロレスに移籍。沖縄プロレスではシーサー王として活動するが、大阪プロレス参戦時はGAINAに戻る。

2010年、みちのくプロレスにシーサー王として参戦。

2011年8月、契約満了のため沖縄プロレスを退団。9月、宮城県仙台市へ移住、旧知の新崎人生が経営する「徳島ラーメン人生」へ入店。フードビジネス界へ身を投じると共に、レスラー活動の休業に入る。

2012年6月、シーサー王として、古巣の、みちのくプロレス主催の「第5回ふく面ワールドリーグ戦」への参戦がアナウンスされる。

2013年6月、みちのくプロレスに再入団。試合は限定参戦。6月30日、契約満了でフリーランスになる。みちのくプロレスにはGAINA名義で参戦中。

得意技[編集]

ラストライド
サザンクロス
クロスアームラストライド。
GAINAカッター
ブレーンバスターの体勢からダイヤモンドカッターの形で落とす。
メキスウィープ
足抱え式ジャックハマー
Xクローザー
自分の向きが前後逆になるサソリ固め
鳴門海峡
ローリングラリアットと同型。
ラリアット
スーパーラリアット
倒れこみ式ラリアット。

タイトル歴[編集]

外部リンク[編集]