Do The Best

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Do The Best
Do As Infinityベスト・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル avex trax
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 週間32位(+DVD、オリコン)
  • 2002年4月度月間1位(オリコン)
  • 2002年度年間13位(オリコン)
ゴールドディスク
  • ミリオン(日本レコード協会
  • Do As Infinity 年表
    DEEP FOREST
    2001年

    Do As Infinity LIVE IN JAPAN
    (2004年)
    Do The Best
    (2002年)
    Do The Best + DVD
    (2004年)
    TRUE SONG
    (2002年)

    Do The B-side
    (2004年)
    テンプレートを表示

    Do The Best』(ドゥー・ザ・ベスト)は、日本音楽グループDo As Infinity2002年3月20日avex traxからリリースしたベスト・アルバム。『Do The Best + DVD』についても本項にて併記する。

    解説[編集]

    • 初のベストアルバム。デビューシングルTangerine Dream」から12thシングル「陽のあたる坂道」までの中から選ばれた16曲+新曲1曲の全17曲を収録。
    • シングルは「rumble fish」を除く11曲、カップリング曲からは「SUMMER DAYS」「new world」、アルバム曲からは「遠雷」「Welcome!」「135」を収録。17曲中4曲は“GREAT TOUR BAND version”として、スタジオライブバージョンで収録。さらに新曲「nice & easy」を収録。
    • 5thシングル「rumble fish」が未収録となっているため、完全なシングルコレクションではない(ただしカップリング曲の「SUMMER DAYS」は収録)。なお、完全なシングルコレクションは2005年9月28日に発売された『Do The A-side』。
    • 本作はコピーコントロールCD仕様のアルバム第一号である。
    • NEW WORLD』『DEEP FOREST』に続き3作連続でオリコンアルバムチャート1位獲得。出荷枚数はミリオンを突破。バンド最大の売り上げとなった作品でもある。
    • 第17回日本ゴールドディスク大賞にてロック&ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞した。
    • 本作の中に封入されていたチラシには、「2003年1月1日 4thアルバム発売決定!」との告知が書かれていた。告知された日から一足早く2002年12月26日に4thオリジナルアルバム『TRUE SONG』が発売された。
    • 1年後の2003年3月には、HMVなどの店舗限定でピクチャーレーベル仕様の限定盤が発売された。CDの盤面が収録曲のジャケットになっており、6パターンのジャケットで発売された。
    • 2年後の2004年1月28日には、高音質再生に対応した、DVD-Audio盤が発売された。さらに同年3月31日には、収録曲のビデオクリップとライブ映像を収録したDVDが付いた『Do The Best + DVD』が発売された。
    • 2008年11月10日には、通常のCDより高音質なHQCD(ハイクオリティCD)として、価格も2000円で発売された。このリリースで初めて「Do The Best」はCCCD仕様でなくなっている。

    収録曲[編集]

    収録曲[編集]

    1. SUMMER DAYS
      5thシングル「rumble fish」のカップリング曲。
    2. 遠くまで
      8thシングル。表記こそされていないが、3rdアルバム『DEEP FOREST』に収録されていたバージョンで収録されている。
    3. 陽のあたる坂道
      12thシングルで尚且つ、アルバム先行シングル。本作がアルバム初収録で、オリジナルアルバムには収録されていない。
    4. Desire
      7thシングル。
    5. Heart
      2ndシングル。シングル収録のものと異なり、アウトロの最後がフェードアウトではなくなっている。
    6. 遠雷
      3rdアルバム『DEEP FOREST』収録曲。
    7. Week!
      9thシングル。
    8. new world
      6thシングル「We are.」のカップリング曲。本作には、2ndアルバム『NEW WORLD』収録のAlbum MixからイントロのSEがカットされたものが収録されている。
    9. Yesterday & Today
      4thシングル。
    10. Oasis
      3rdシングル。シングル収録のものと異なり、アウトロの最後がフェードアウトではなくなっている。
    11. 135
      2ndアルバム『NEW WORLD』収録曲。
    12. 深い森
      10thシングル。
    13. nice & easy
      新曲。花王「ラビナス」CMソング。
      この曲は当初シングル「陽のあたる坂道」のカップリングとして収録される予定だったという。
    14. 冒険者たち (GREAT TOUR BAND version)
      11thシングルのスタジオライブバージョン。
      テンポは原曲より若干速い。
    15. Tangerine Dream (GREAT TOUR BAND version)
      1stシングルのスタジオライブバージョン。
      大渡亮は原曲よりこちらのバージョンの方がいいと語っている。また、キーも半音下がっており、Cメロの歌詞が省略されている。
    16. Welcome! (GREAT TOUR BAND version)
      1stアルバム『BREAK OF DAWN』収録曲のスタジオライブバージョン。
      2番のAメロは伴ではなく、ライブでコーラスを努めている浜野和子が歌っている。
      曲の最後はバンドメンバーとマネージャーの自己紹介で終わる。
    17. We are. (GREAT TOUR BAND version)
      6thシングルのスタジオライブバージョン。
      原曲とは異なりバラード調となっている。また、キーも原曲より半音下がっており、2番のAメロの後は大サビという構成になっている。

    DVD (Do The Best + DVD)[編集]

    1. SUMMER DAYS -Live at Zepp Tokyo, 2002.12.31-
      カウントダウンライブの映像。ライブCD『Do The Live』にはこの音源が収録されている。
    2. 遠くまで -Promotion Clip-
    3. 陽のあたる坂道 -Promotion Clip-
    4. Desire -Promotion Clip-
    5. Heart -Promotion Clip-
    6. 遠雷 -Live at SHIBUYA KOKAIDO, 2001.12.4-
    7. Week! -Promotion Clip-
    8. new world -Live at SHIBUYA-AX, 2001.5.27-
      Do As Infinity Live Tour 2001の映像。ライブDVD『Do As Infinity -Premier-』にも同じ映像が収録されている。
    9. Yesterday & Today -Promotion Clip-
    10. Oasis -Promotion Clip-
    11. 135 -Live at SHIBUYA KOKAIDO, 2001.12.4-
    12. 深い森 -Promotion Clip-
    13. nice & easy -Live at Zepp Tokyo, 2002.12.31-
      カウントダウンライブの映像。ライブCD『Do The Live』にはこの音源が収録されている。