賢令帝姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。青青小竹 (会話 | 投稿記録) による 2020年4月2日 (木) 20:48個人設定で未設定ならUTC)時点の版であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動

賢令帝姫(けんれいていき、1080年 - 1084年2月25日)は、北宋神宗の七女。趙俁と趙偲の同母姉で、母は永嘉郡君林貞(後の婕妤、貴妃)。

経歴

生前の冊封に関する記録はない。元豊7年正月11日(1084年2月25日)、数え5歳で薨去し、申国公主の位を追贈された。父帝は朝廷を3日間停止し、医官をみな罰した。元符3年(1100年)3月、弟の徽宗により邢国長公主の位を再追贈された。政和4年(1114年)12月、賢令長帝姫の位を再追贈された。

伝記資料

  • 宋史
  • 『宋会要輯稿』