朱家尖島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2017年12月6日 (水) 13:41; いかガ (会話 | 投稿記録) による版(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

朱家尖島(しゅかせんとう、簡体字: 朱家尖岛)は浙江省舟山群島の島の1つで、陸地面積61.82k㎡、人口26,406人。島の全域が舟山市普陀区朱家尖街道に属する。普陀山名勝の構成部分で、民用航空の舟山普陀山空港がある。元の大徳5年(1301年)、朱家尖島は、普陀山廟の一部となり、普陀山の僧侶の休養地となる。現在、島では西瓜を産しており、「仏陀瓜」と称されている。