懿静貴妃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2020年8月26日 (水) 07:52; 210.5.174.98 (会話) による版(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

懿静貴妃(いせいきひ、生没年不詳)は、北宋の皇帝神宗の側室。姓は楊氏

経歴[編集]

初め、光国公趙仲鍼(後の神宗)の邸に入り、側室となった。産まれた子供で長く生きた者はなかった。没年については記録がない。神宗からの冊封や贈位の記録もない。

崇寧4年(1105年)8月、賢妃の位を追贈された。その後、貴妃を再追贈され、「懿静」とされた。

伝記資料[編集]

  • 『宋会要輯稿』
  • 『故賢妃楊氏贈貴妃賜諡懿静制』