メーナーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2017年12月30日 (土) 06:04; Onverwacht (会話 | 投稿記録) による版 (wikt)(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

メーナームメナムとは、以下の意味を持つ言葉である。

  1. メーナームแม่น้ำ)とは、タイ語の意味(なお、さらにメーแม่ 母)+ナームน้ำ 水)に分解できる)。タイには2つの大きな河川(チャオプラヤー川メコン川)と小さな川が無数にある。
  2. メーナームメナムは、タイの中央平原を流れる河川・チャオプラヤー川の外国での名称。元々は1.の意味だったが、欧米人がタイに渡った当時は地図にはメーナームとしか書かれておらず、しかも、当時のタイ中央平原の住民にはメーナーム(川)=チャオプラヤー川だったため、この呼び方が生じた。