「実像」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
 
作図をするには[[レンズ#凸レンズ|凸レンズ]]の項の光の進路三本のうちの二本を描けば像が収束する箇所がわかる(この場合は(1)と(3)を利用した)。光の[[逆進の原理]]から像が収束するのはレンズ後側焦点の外側である。また図からわかるとおり、凸レンズによって生じる実像は倒立である。
軸と平行にレンズを通った光は、レンズを通った後レンズの焦点を通る。レンズの中心を通った光は、レンズを通った後も、直進する。
 
==凹面鏡における実像==
匿名利用者

案内メニュー