「逆送致」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
{{law}}
'''逆送致'''(ぎゃくそうち)とは、[[家庭裁判所]](家裁)検察から[[送致]]された少年([[少年法]]上では20歳に満たない者のこと。同法2条)が関わる事件について調査しそのた結果、刑事処分を相当として検察に送致ること[[少年法3]]201項。「検察官送致」「逆送致」ともいう。
 
平成12年12月6日法律第142号「少年法等の一部を改正する法律」により少年法が改正され、16歳以上の少年が故意に被害者を死亡させた事件については必ず逆送することになっている(少年法20条2項)
さらに家裁はその調査の結果、刑事処分が相当と認めたときにはふたたび検察に少年を戻すことができる。(少年法20条1項)
 
この送致のことをニュース等の報道で'''検察官送致'''または'''逆送致'''、単に'''逆送'''と表現する。
 
なお平成12年12月6日法律第142号「少年法等の一部を改正する法律」により少年法が改正され、
 
16歳以上の少年が故意に被害者を死亡させた事件については必ず逆送することになっている。(少年法20条2項)
 
==関連項目==
* [[家庭裁判所]]
* [[少年法]]
* [[少年保護手続]](少年審判)
 
== 外部リンク ==
<!--houko は最新を反映せずリンク先として不適切:* [http://www.houko.com/00/01/S23/168.HTM 少年法](法庫)-->
* [http://www.kensatsu.go.jp/gyoumu/shonen_jiken.htm 検察庁] - 少年事件の流れ](検察庁)
* [http://kotobank.jp/word/%E6%A4%9C%E5%AF%9F%E5%AE%98%E9%80%81%E8%87%B4(%E9%80%86%E9%80%81) 検察官送致(逆送)](コトバンク)
{{デフォルトソート:きやくそうち}}
[[Category:少年法制]]
匿名利用者

案内メニュー