「一般特恵関税制度」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
[[GATT]](関税と貿易に関する一般協定)の中で、[[最恵国待遇の原則]]があり。それは相手国に対して他の国に与えている条件よりも不利にならない条件を与えることを協定することである。だが、例外として、[[GSP]]('''一般特恵関税制度'''(Generalized System of Preferences, GSP)は先進国が発展途上国の産品に対して有利な関税率を適用できると認められている。
49,118

回編集

案内メニュー

個人用ツール

名前空間

変種

その他