「瓦葺き」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
「瓦葺屋根」2007-11-16T00:25:02 を統合
(統合提案)
(「瓦葺屋根」2007-11-16T00:25:02 を統合)
'''瓦葺き'''(かわらぶき)は、[[陶器]]製(粘土瓦)や石(石瓦)、[[セメント]](セメント瓦)、金属製(銅瓦等)のものを用いた、全世界で行われている[[瓦]]を用いた[[屋根]]仕上げ。建材である瓦で屋根を葺いたもの。
{{統合提案|瓦葺屋根}}
'''瓦葺き'''(かわらぶき)は、[[陶器]]製(粘土瓦)や石(石瓦)、[[セメント]](セメント瓦)、金属製(銅瓦等)のものを用いて全世界で行われている[[瓦]]を用いた[[屋根]]仕上げ。[[日本国]]内では、古くは、大陸から伝わった陶器製の[[本瓦]](平・丸瓦を組み合わせるもの)を用いた本瓦葺が主流で主に、[[寺院]]や[[城郭]]建築などで使われていた。一般の[[住宅]]などでは、引掛桟瓦が標準的な瓦葺である。耐久・耐火・耐熱性を持ち、一枚が割れても取替えが可能で修理がしやすいが、植物性の屋根材より重いため、屋根が重くなりやすく、また、瓦一つ一つが容易に取り外しが可能なために、強風や揺れなどに弱い。
 
== 引掛桟葺きの歴史 ==
[[茅葺]]屋根などに比べ耐水性・耐火性に優れるため、[[梅雨]]があり[[台風]]の多い[[日本]]では定着しやすかった。古くは、大陸から伝わった陶器製の[[本瓦]](平・丸瓦を組み合わせるもの)を用いた本瓦葺が主流で、古代から[[寺院]]に使われ、[[安土桃山時代]]以降は城、[[大名屋敷]]、[[土蔵]]に使われた。[[民家]]に導入されたのは[[江戸時代]]中期以降であるが、江戸時代後期になると[[倹約令]]の対象とされた。
 
== 瓦葺きの特徴 ==
'''瓦葺き'''(かわらぶき)は、[[陶器]]製(粘土瓦)や石(石瓦)、[[セメント]](セメント瓦)、金属製(銅瓦等)のものを用いて全世界で行われている[[瓦]]を用いた[[屋根]]仕上げ。[[日本国]]内では、古くは、大陸から伝わった陶器製の[[本瓦]](平・丸瓦を組み合わせるもの)を用いた本瓦葺が主流で主に、[[寺院]]や[[城郭]]建築などで使われていた。一般の[[住宅]]などでは、引掛桟瓦が標準的な瓦葺である。耐久・耐火・耐熱性を持ち、一枚が割れても取替えが可能で修理がしやすいが、植物性の屋根材より重いため、屋根が重くなりやすく、また、瓦一つ一つが容易に取り外しが可能なために、強風や揺れなどに弱い。
=== 引掛桟瓦 ===
野地板の上に、[[アスファルトルーフィング]]等の防水材を張り、広小舞の上に瓦座、そこからほぼ等間隔に細い小材(桟)を瓦のサイズに合わせて平行に打ち付け、その上に瓦を葺いていく。軒やけらばの瓦にはそれぞれ2枚通り以上1枚ごとに銅線か銅釘で野地板に固定する必要がある。棟には棟木に打ち付けた銅線を引っ張り出しておき、下から、のし瓦、ガンブリ瓦を順に乗せていき、予め出しておいた銅線で固定する。のしと平瓦が接する部分は、防水のため、面戸瓦や漆喰などで塞ぐ必要がある。
 
== その他 ==
{{stub}}
*「瓦葺き」という言葉は、仏寺を行う際の御所「[[伊勢斎宮]]」の[[忌み詞]]として使われた。
 
[[category:瓦|かわらふき]]
[[Category:屋根|かわらふき]]
 
{{Architecture-stub}}

案内メニュー