「セレノシステイン」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
不必要なリンクの削除:リンク先にはほとんど記述がありません。
(不必要なリンクの削除:リンク先にはほとんど記述がありません。)
セレノシステインは、[[酸化]]・[[還元]]に関わるいくつかの[[酵素]](グルタチオンペルオキシダーゼ、テトラヨードチロニン-5'-脱ヨウ素化酵素、チオレドキシン還元酵素、ギ酸デヒドロゲナーゼ、グリシン還元酵素や一部のヒドロゲナーゼなど)に存在する。
 
タンパク質に含まれる他のアミノ酸と違い、直接[[コドン|遺伝コード]]されているわけではない。セレノシステインは、普通はストップ[[コドン]]として使われるUGAコドンによって、特別の方法でコードされる。すなわち [[伝令RNA|mRNA]] 中の UGAコドンはSecIS(SElenoCysteine Insertion Sequence、セレノシステイン挿入配列;[[非コードRNA]]参照)がある場合にのみセレノシステインをコードする。SecISは特徴的なヌクレオチド配列と[[塩基対]]パターン(二次構造)で決められる。
 
[[真正細菌]]では SecIS は mRNA の翻訳領域内、目的とする UGAコドンのすぐ次に位置している。[[古細菌]]と[[真核生物]]では SecIS は mRNA の 3'側非翻訳領域にあり、複数の UGAコドンにセレノシステインをコードさせることができる。また古細菌では 5'側非翻訳領域に SecIS がある例が少なくとも1つ知られている。セレンがない場合には、セレノプロテインの翻訳は UGAコドンで終止し、短くて機能のないタンパク質ができる。
141

回編集

案内メニュー

個人用ツール

名前空間

変種

その他