「瓦葺き」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
編集の要約なし
m
'''瓦葺き'''(かわらぶき)は、[[陶器]](粘土瓦)や石(石瓦)、[[セメント]](セメント瓦)、金属製(銅瓦等)のものを用いて全世界で行われている[[瓦]]を用いた[[屋根]]仕上げ。[[日本国]]内では、古くは、大陸から伝わった陶器製の[[本瓦]](平・丸瓦を組み合わせるもの)を用いた本瓦葺が主流で主に、[[寺院]]や[[城郭]]建築などで使われていた。一般の[[住宅]]などでは、引掛桟瓦が標準的な瓦葺である。耐久・耐火・耐熱性を持ち、一枚が割れても取替えが可能で修理がしやすいが、植物性の屋根材より重いため、屋根が重くなりやすく、また、瓦一つ一つが容易に取り外しが可能なために、強風や揺れなどに弱い。
 
== 引掛桟瓦 ==
2,823

回編集

案内メニュー