Wikipedia 5月11日の秀逸な記事

移動先: 案内検索
2000年9月、社台スタリオンステーションにて放牧中のサンデーサイレンス

サンデーサイレンス: Sunday Silence1986年 - 2002年)は、アメリカ合衆国生まれの競走馬種牡馬1996年アメリカ競馬殿堂入りを果たした。そのイニシャルからSSと呼ばれることもある。

1988年10月に競走馬としてデビュー。翌1989年アメリカ三冠のうち二冠ケンタッキーダービープリークネスステークス)、さらにブリーダーズカップ・クラシックを勝つなどG1を5勝する活躍を見せ、エクリプス賞年度代表馬に選ばれた。1990年に右前脚の靭帯を痛めて競走馬を引退。引退後は日本で種牡馬となり、初年度産駒がデビューした翌年の1995年から13年連続で日本のリーディングサイアーを獲得。さらに中央競馬における種牡馬にまつわる記録を次々と更新した。サンデーサイレンスを起点とするサイアーラインは日本競馬界における一大勢力となり、サンデーサイレンス系とも呼ばれる。幼少期は見栄えのしない容貌ゆえに買い手がつかず、生命にかかわる事態に見舞われながら競走馬、さらに種牡馬として成功した生涯は童話『みにくいアヒルの子』に例えられる。……