フィルター (アクアリウム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
濾過装置から転送)
移動先: 案内検索
スポンジ式アクアリウム用フィルター

アクアリウム用フィルター浄化装置ろ過装置(ろかそうち)、とは、観賞魚アクアリウム水槽(淡水と海水)の重要な装置の1つで[1][2][3]、ゴミや糞などの物理的及び飼育水中の水溶性化学物質を取り除く清掃作業を軽減する[注 1]。 また、自然環境より小さく閉鎖された環境において魚の育成を助ける[4]

主に一般家庭で魚類や水草を水槽飼育する際に使用するものが多いが、活魚卸業者や料理店で使用される業務用の大型もある。観賞魚飼育用では水槽内で目立たせない工夫として岩の形などした製品も一部あるが、一般的には機械然とした形状をしている。一般には電源として商用電源を使用するものが多いが、持ち運びに可能な電池式も製品化されている。

概要[編集]

魚などは糞や鰓から汚れを排出する。また、死んでしまった個体や植物と食べ残しなどからも汚れが出る。これらは水槽水を汚し、魚や植物の生成に大きな影響を与えることから、健全な水槽にはろ過が大切となってくる。このろ過を行う装置が、アクアリウムにおけるフィルターである。

適切な汚れのサイクル管理が重要である。糞や分解物によるアンモニアは非常に有毒である。水槽内では主にフィルター[注 2]に生息しているバクテリアによってアンモニアは亜硝酸塩へ、またこれをさらに毒性の低い硝酸塩へ変えられていく。自然界ではこの硝酸塩は植物の肥料として消費されるが、水槽内の植物によって多少行われる。しかし、水槽内では自然界ではありえない数と種類の魚が飼育されていることから、多くのアンモニアが生成される。アンモニアなどを分解する細菌は水槽内すべてに存在するが、多孔質ろ材を内蔵するフィルターに多く存在する。

ただし、フィルターですべての有害物やゴミの除去を行うことはできないので、清掃をしたり水を交換する作業が必要である。

ろ過の種類[編集]

物理ろ過は、食べ残しの餌、排泄物、植物や藻類のゴミを捕獲・粒子状物質を取り除く事である[1]。物理的に捕獲されたそれらのゴミは、フィルターの清掃や交換により除去する。

飼育水に溶存する不要な物質は、生物的また化学的ろ過を用いて除去する。

最終的に紫外線を利用し、病原体を殺菌することもある。

水槽のろ過に適した材料(ろ材)[編集]

スポンジ、プラスチックボール、セラミックチューブ、砂

多くの材料がろ過に利用されていて、よく知られているフィルター素材は、ウールと呼ばれるポリエチレンまたはナイロン。また、スポンジまたはフォーム、各種セラミックやシリコン製品、火成岩も素材として使用される。材料によっては大きな表面積を持ち、生物ろ過も行う。

活性炭ゼオライトも多く利用される。これらは多孔性材料であり、さまざまな化学物質を吸着したり、ろ過細菌のコロニーを形成する。

最も単純なタイプのフィルターはウールフィルターと活性炭。ウールフィルタは大型なゴミ粒子をトラップし、活性炭は小さな不純物を吸着する。吸着されたものが可飽和するため[5]、これらは定期的に交換や清掃をする必要性がある[6]

各種フィルター[編集]

キャニスターフィルター

フィルターには、水中ポンプ(モーター駆動によるインペラー(羽根車))によって水槽水を送るパワーフィルターと[7]、泡の上昇に伴う水流を利用するエアーリフト英語版式などの種類がある。

外部式フィルター・キャニスターフィルター[編集]

密閉されたキャニスターにろ材を入れ、水中ポンプによって送水を行う。本体と水槽はホースで接続する。

上部式フィルター[編集]

上部式フィルター

トリクルフィルとしても知られるウェット、ドライフィルタを利用したろ過システム[7]。このフィルタは水槽の上に置かれる。

外掛け式フィルター[編集]

比較的小型な箱にろ材を入れ、水中ポンプにて送水し、フィルターされた水は水槽内に流れ出るようになっている。

オーバーフロー式水槽[編集]

独立した濾過用水槽を使用したもの。大きな容量を有するものがあり、多量の各種ろ材を使用可能とする。ポンプにて送水を行う。

エアーリフト式・インペラー式水中フィルター[編集]

エアリフト式水中フィルター

ろ材を入れた装置を水槽内に入れて、エアーリフトもしくは水中ポンプを使用して送水する。また、コーナーフィルター及びボックスフィルターも同様。いわゆる「投げ込み式」と呼ばれるのはエアーリフト式である。

底面式フィルター[編集]

底面式フィルター概略図

底砂をろ材として、底面よりエアーリフトもしくは水中ポンプにて送水する。

スポンジ式フィルター[編集]

スポンジをろ材とし、エアーリフトを使用してろ過するろ過装置であり、水槽内に設置する。エアポンプとホースが別に必要となるが、構造が単純であることから設置が簡単で安価である。空気の泡を含んだ水が排出されるためにエアレーション効果があり、水の流れを作れるようなパイプが付属していることが多い。

目の細かいスポンジを使用し、そこにろ過バクテリアが住み着くようになるため、生物化学的ろ過が行われる。生体を傷つけたり、稚魚を吸い込む心配が無い。大きなスポンジや複数のスポンジを持つ製品もある。

物理的ろ過も行うがスポンジの目に詰まりやすいため、飼育水などを利用してもみ洗いし、バクテリアが十分付いている状態で再利用する。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ すべてをフィルターで行うことはできない。
  2. ^ 底砂にも存在する。

出典[編集]

  1. ^ a b Riehl, Rüdiger. Editor.; Baensch, HA (1996). Aquarium Atlas (5th ed.). Germany: Tetra Press. ISBN 3-88244-050-3. 
  2. ^ Leibel WS (1993) A fishkeepers guide to South American cichlids.
  3. ^ Loiselle, Paul V. (1995). The Cichlid Aquarium. Germany: Tetra Press. ISBN 1-56465-146-0. 
  4. ^ Sands D (1994) A fishkeepers guide to Central American cichlids.
  5. ^ Eade, Andrew (1999). Coldwater Fishkeeping. Ringpress Books. pp. 33. ISBN 1-86054-072-4. 
  6. ^ Axelrod, Herbert, R. (1996). Exotic Tropical Fishes. T.F.H. Publications.. ISBN 0-87666-543-1. 
  7. ^ a b Sanford, Gina (1999). Aquarium Owner's Guide. New York: DK Publishing. pp. 164–167. ISBN 0-7894-4614-6. 

関連項目[編集]