感覚論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
感覚主義から転送)
Jump to navigation Jump to search

感覚論(かんかくろん)、または、感覚主義(かんかくしゅぎ、: sensualism, sensationalism[1]とは、感覚知覚を認識の起源とする哲学認識論上の立場・区分であり、経験論の一種[2]

古代においては、キュレネ派エピクロス派がこれに該当する[2]

近代においては、ジョン・ロック、その影響を受けたコンディヤック、更にエルヴェシウス、そしてデステュット・ド・トラシーのようなイデオロジスト(idéologiste)達の系譜が主としてこれに当たる[2]

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]