愛するということ (エーリヒ・フロム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
愛するということ
The Art of Loving
著者 エーリヒ・フロム
訳者 懸田克躬(旧訳)鈴木晶(新訳)
発行日 日本の旗1959年(旧訳)1991年(新訳)
発行元 日本の旗紀伊國屋書店
形態 ハードカバー
コード

978-968-853-089-4

OCLC 26209942
Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集
テンプレートを表示

愛するということThe Art of Loving)は、1956年に出版されたドイツエーリヒ・フロムによる著作である。

フロムの著作としては最も一般的な本であり、各国でベストセラーとなった。『自由からの逃走』("Escape from Freedom")、『人間における自由』("Man for Himself")の理論を補完する内容である。愛する技術は、先天的に備わっているものではなく、習得することで獲得できるとする。この考えは、愛を摩訶不思議なもので解析や説明の対象にならないという立場とは異にする。