嵐みん子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「嵐珉子」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

嵐 みん子(あらし みんし)は歌舞伎名跡の一。二代目は二代目嵐雛助俳名を眠獅を当てる。

  • 初代 嵐珉子
    • 初代の子、1741–96。「小六」の名跡ははじめ父の高弟だった姉川菊八が襲ったので、岩次郎は父の俳名「雛助」(すうじょ)を訓読みにしてこれを名跡にした。女形 → 立役 → 公家悪。
    • 初代嵐岩次郎 → 初代嵐雛助 → 初代叶雛助 → 三代目嵐小六(俳名:初代珉子)
  • 二代目 嵐眠獅
    • 初代雛助(三代目小六)の長男。1774-1801。立役で活躍。
    • 初代嵐秀之助 → 叶秀之助 → 三代目中村十蔵 → 二代目嵐雛助(俳名:二代目眠獅)
  • 四代目 嵐珉子
    • 九代目三右衛門の養子、生没年不詳。はじめ三代目岩井粂三郎の養子。
    • 岩井やまと → 岩井喜代三 → 四代目叶珉子 → 四代目嵐珉子 → 十代目嵐三右衛門

脚注[編集]

  1. ^ a b 嵐みんし”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus. コトバンク. 2014年1月30日閲覧。