島津犬安丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

島津犬安丸(しまづ いぬやすまる、嘉吉2年(1442年) - 長禄2年12月4日1459年1月8日))は、室町時代の人物。薩摩国島津氏の分家・伊作家7代当主。父は島津教久(6代当主)。

嘉吉2年(1442年)、父・教久の死去を受け僅か1歳で家督を継ぐ。長禄2年(1459)、伊集院諏訪神社の祭典に出席していたが、式典の終了後急死。毒殺説も浮上したが詳細は不明。

伊作家は島津本家9代当主・島津忠国の三男・久逸が、養子に入り継いだ。