八一富邦火箭籃球倶楽部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
八一ロケッツから転送)
移動先: 案内検索
八一富邦火箭籃球倶楽部
各種表記
繁体字 八一富邦火箭籃球俱樂部
簡体字 八一富邦火箭篮球俱乐部
英文 Bayi Fubong Rockets Basketball Club
テンプレートを表示

八一富邦火箭籃球倶楽部:八一富邦火箭篮球俱乐部、英:Bayi Fubong Rockets Basketball Club)は、中国プロバスケットボールリーグに所属するプロバスケットボールチームである。浙江省寧波を本拠地とする。中国人民解放軍を基盤とするチームである。日本語では「八一ロケッツ」とも呼ばれる。

歴史[編集]

中国人民解放軍八一体育工作チームを前身とする。1962年、ソビエト連邦バスケットボールチームが訪中し八一チームと親善試合を行なった。1979年アメリカ合衆国の大学10校の選手からなる代表チームが訪中、穆鉄柱など参加する八一チームが親善試合を行なった。

1995年、CBA開始時より参加、本拠地を西安石家庄等に移すも、最終的に1998年に寧波に落ち着く。

2000年より双鹿電池有限公司がスポンサーとなり、八一双鹿電池籃球倶楽部と改称する。 2006年に寧波富邦控股集団が出資し、八一富邦火箭籃球倶楽部(八一富邦火箭篮球俱乐部)設立。

アジア初のNBAプレイヤー・王治郅が所属。

第1回ABCアジアクラブ選手権(現FIBAアジアチャンピオンズカップ)で優勝。 中国プロバスケットボール発足後も初年度の1995-96から2000-01まで6連覇を達成。しかし、2001年に王がNBAに移ると、ファイナルで姚明擁する上海シャークスに敗れ連覇は途切れた。

2006-07シーズンは王が復帰。ファイナルに進出し、4連覇を目指していた広東サザンタイガースを下し4シーズンぶりの中国一となった。

主な所属選手[編集]

主な歴代所属選手[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]