ファイル:William-Adolphe Bouguereau (1825-1905) - Thirst (1886).jpg

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
元のファイル(1,818 × 2,424 ピクセル、ファイルサイズ: 1.03メガバイト、MIME タイプ: image/jpeg)
ウィリアム・アドルフ・ブグロー: Thirst  wikidata:Q48311741 
作者
ウィリアム・アドルフ・ブグロー: Thirst
タイトル
Thirst
分野 絵画作品
日付 1886年
技法 キャンバス、油絵
Q296955/Q4259259
不明
備考
English: The piece of pottery that appears in this painting by Bouguereau, is not exactly a botijo. It's a typical piece in the "pottery of water" in the North of Spain and South of France, of possible origin franco (old tribal french) as "the càntir, the doll and the mamet" introduced by the restocking of the Marca Hispanica in the Catalunya Vella. Named pegar in euskera lenguage and pegà in gascón lenguage. Also produced in the Basque country, as a vessel of the same family as the "Biscay pitcher" (Basque: "pegarra, pedarra or kantarue"), higher than this and used for drinking during the agricultural tasks. The correct designation today (2012) would be pitcher in Spanish and was cruche a eau in French. Documentation and references: Natacha Seseña and Emili Sempere. See also the file: Pegar.jpg
Español: La pieza de alfarería que aparece en este cuadro de Bouguereau, NO ES EXACTAMENTE UN BOTIJO. Se trata de una pieza típica en la alfarería de agua del norte de España y del sur de Francia, de posible origen franco, como el càntir, el doll y el mamet introducidos en la Catalunya Vella por los repobladores de la Marca Hispánica. LLamado pegar en eukera y pegà en gascón. También se fabricó en el País Vasco, como vasija de la misma familia que el cántaro vizcaíno (en euskera: pegarra, pedarra o kantarue), más alta que ésta y usada para beber durante las faenas agrícolas. La denominación correcta hoy (2012) sería CÁNTARO en español y CRUCHE A EAU en francés. Documentación y referencias: Natacha Seseña y Emili Sempere. Ver también el Archivo: Pegar.jpg
Français : Le morceau de poterie qui apparaît dans cette peinture de Bouguereau, ce n'est pas exactement un botijo. C'est un piece typique de la "poterie d'eau » dans l'Espagne du Nord et au sud de la France, d'origine possible franc (ancien tribes) comme « le càntir, le doll et le mamet » introduit par la reconstitution des stocks de la Marca Hispanica dans la Vella de Catalunya. Apelé pegar au eukera y pegà en gascón. Également produite dans le pays Basque, un navire de la même famille que le «cruche du Vizcaya» (Basque: « pegarra, pedarra ou kantarue »), plus élevé que cela et utilisé pour boire pendant les tâches agricoles. Aujourd'hui la désignation correcte (2012) serait le lanceur en espagnol et était cruche a eau en français. Documentation et références : Natacha Seseña et Emili Sempere. Voir aussi le fichier: Pegar.jpg
情報源/撮影者 不明

ライセンス[編集]

このファイルは、パブリックドメインにある平面的な美術の著作物を写真術によって忠実に複製したものです。このような複製はアメリカ合衆国においてパブリックドメインとなります。他の地域では再利用に制限がかかる場合があります。詳しくはReuse of PD-Art photographsをご覧ください。美術の著作物としての原図は以下の理由によりパブリックドメインに属します。
Public domain

この著作物は、著作権の保護期間が著作者の没後100年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は1923年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。
このファイルは、著作権法の下での既知の制限 (すべての関連および隣接権を含む) に対して、自由であると認識されています。

ファイルの履歴

過去の版のファイルを表示するには、その版の日時をクリックしてください。

日付と時刻サムネイル寸法利用者コメント
現在の版2005年5月6日 (金) 22:492005年5月6日 (金) 22:49時点における版のサムネイル1,818 × 2,424 (1.03メガバイト)ThebridWilliam-Adolphe Bouguereau (1825-1905) - Thirst (1886) {{PD}} {{PD-Art}}

以下の​ 2 ページがこのファイルにリンクしています:

グローバルなファイル使用状況

以下に挙げる他のウィキがこの画像を使っています:

このファイルのグローバル使用状況を表示する。