ファイル:IranaftertheIlkhanate.png

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
元のファイル(1,200 × 678 ピクセル、ファイルサイズ: 1.15メガバイト、MIME タイプ: image/png)
Converted to SVG.svg
このhistorical map画像は、ベクターイメージである SVG ファイルとして再作成可能です。これにはいくつかの利点があります。詳しくはCommons:Media for cleanupを参照してください。この画像の SVG 形式がすでに利用可能である場合は、アップロードしてください。アップロード後、この画像にあるこのテンプレートを{{Vector version available|新しい画像ファイル名.svg}}テンプレートで置き換えてください。
解説
English: Map showing the political situation in southwest Asia in 1345, ten years after the death of Abu Sa'id. The Jalayirids, Chobanids, Muzaffarids, Injuids, Sarbadars and Kartids took the Ilkhanate's place as the major powers in Iran.
日付 (当初のアップロード日)
原典 Originally from en.wikipedia; description page is/was here.
作者 Original uploader and author was Ro4444 at en.wikipedia
許可
(ファイルの再利用)
この作品の著作権者であるRo4444 from en.wikipedia.orgは、この作品を以下のライセンスで提供しています。
GNU head この文書は、フリーソフトウェア財団発行のGNUフリー文書利用許諾書 (GNU Free Documentation License) 1.2またはそれ以降のバージョンの規約に基づき、複製や再配布、改変が許可されます。不可変更部分、表紙、背表紙はありません。このライセンスの複製は、GNUフリー文書利用許諾書という章に含まれています。
w:ja:クリエイティブ・コモンズ
表示 継承
このファイルはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0 非移植ライセンスのもとに利用を許諾されています。
帰属: Ro4444
あなたは以下の条件に従う場合に限り、自由に
  • 共有 – 本作品を複製、頒布、展示、実演することができます。
  • 再構成 – 二次的著作物を作成することができます。
あなたの従うべき条件は以下の通りです。
  • 表示 – あなたは原著作者または許諾者が指定した方法でこの作品のクレジットを表示しなければなりません (ただしその人たちが、あなたを、あるいは、あなたのこの作品の使用を、推薦していると示唆するような方法はいかなる形でもいけません)。
  • 継承 – あなたがこの作品を改変や変形したり、もしくはこの作品に基づいた作品を作る場合、あなたはその作品をこれと同一もしくは互換性のある許諾条件でのみ頒布できます。
このライセンスのテンプレートは、GFDLのライセンス・アップデートによりこのファイルに追加されたものです。

ファイルの履歴

過去の版のファイルを表示するには、その版の日時をクリックしてください。

日付と時刻サムネイル寸法利用者コメント
現在の版2008年5月4日 (日) 19:552008年5月4日 (日) 19:55時点における版のサムネイル1,200 × 678 (1.15メガバイト)Rottweiler
2008年4月21日 (月) 14:312008年4月21日 (月) 14:31時点における版のサムネイル709 × 466 (37キロバイト)Rottweiler{{Information |Description=Map showing the political situation in southwest Asia in 1345, ten years after the death of Abu Sa'id. The Jalayirids, Chobanids, Muzaffarids, Injuids, Sarbadars and Kartids took the Ilkhanate's place as the major powers in Iran

以下のページがこのファイルにリンクしています:

グローバルなファイル使用状況

以下に挙げる他のウィキがこの画像を使っています: