ファイル:Aegithalos caudatus vinaceus.jpg

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
元のファイル(753 × 737 ピクセル、ファイルサイズ: 226キロバイト、MIME タイプ: image/jpeg)

概要[編集]

解説

Aegithalos glaucogularis vinaceus (syn. A. caudatus vinaceus)

日付
原典 Nouvelles Archives du Muséum d'histoire Naturelle url
作者 Josephe Huët

ライセンス[編集]

この画像は、パブリックドメインにある原作品の機械的なスキャンか複写にすぎないこと、あるいは─入手可能な証拠から判断して─著作権保護が働かないような、機械的なスキャンまたは複写の結果と類似していることから、パブリックドメインにあります。原作品は下記の理由でパブリックドメインにあります。
Public domain

この著作物は、著作権の保護期間が著作者の没後70年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


Dialog-warning.svg なぜ、この著作物がアメリカ合衆国でパブリックドメインにあるのかを示すために、アメリカ合衆国のPDタグも併せて使用しなくてはなりません。 いくつかの国では、著作権の保護期間が70年を超えていることに注意する必要があり、例えば、メキシコは100年、ジャマイカは95年、コロンビアは80年、グアテマラとサモアは75年です。これらの国では、著作権の保護期間について相互主義を採用していないこともあり、この画像はパブリックドメインの状態にはないかも知れません。コートジボワールは99年、ホンジュラスは75年をそれぞれ原則的な著作権の保護期間として採用していますが、保護期間につき相互主義を採用しています


このタグは、画像にかけられているエンハンスメント(輝度、コントラスト、色調補正、鮮鋭化など)が、著作権を生じるに足りる創作性を備えていないことを主張する必要があるかもしれない場合を想定して作られました。エンハンスメントがかけられていることが明らかで創作性が不十分という場合のほかに、エンハンスメントがかけられているかどうか分からない場合にも使われます。エンハンスメントがかけられていないと分かっているスキャン画像の場合は、{{PD-old}}の方が適切です。

使い方については、Commons:When to use the PD-scan tagをご覧ください。


Nuvola apps important.svg
注意:このタグはスキャンと複写にのみ適用されます。パブリックドメインの現物を一定の距離から写真撮影したものの場合は、{{PD-Art}}が適用できるかもしれません。詳しくはCommons:When to use the PD-scan tagをご覧ください。

ファイルの履歴

過去の版のファイルを表示するには、その版の日時をクリックしてください。

日付と時刻サムネイル寸法利用者コメント
現在の版2010年3月25日 (木) 21:362010年3月25日 (木) 21:36時点における版のサムネイル753 × 737 (226キロバイト)Citron{{Information |Description={{en|1=Aegithalos caudatus vinaceus}} |Source={{own}} |Author=Sitron |Date= |Permission= |other_versions= }} Category:Aegithalos caudatus

以下のページがこのファイルを使用しています:

グローバルなファイル使用状況

以下に挙げる他のウィキがこの画像を使っています:

メタデータ