パンプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
パンプ
エアロスミススタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ハードロック
レーベル ゲフィン・レコード
プロデュース ブルース・フェアバーン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(オーストラリア[1]
  • 3位(イギリス[2]
  • 5位(アメリカ[3]
  • 8位(スウェーデン[4]、ニュージーランド[5]
  • 9位(スイス[6]、ノルウェー[7]
  • 10位(日本[8]
  • 13位(ドイツ[9]
  • 33位(オランダ[10]
  • エアロスミス 年表
    ジェムズ
    (1988年)
    パンプ
    (1989年)
    ゲット・ア・グリップ
    (1992年)
    テンプレートを表示

    パンプ』(PUMP)はアメリカロックバンドエアロスミス1989年に発表した10thアルバム

    解説[編集]

    収録曲[編集]

    1. ヤング・ラスト - Young Lust
      Words/Music:Steven Tyler, Joe Perry, Jim Vallance
    2. F.I.N.E - F.I.N.E
      Words/Music:S. Tyler, J. Perry, Desmond Child
    3. エレヴェイター・ラヴ - Going Down / Love in an Elevator
      Words/Music:S. Tyler, J. Perry
    4. モンキー・オン・マイ・バック - Monkey on My Back
      Words/Music:S. Tyler, J. Perry
    5. ジェイニーズ・ガット・ア・ガン - Water Song / Janie's Got a Gun
      Words/Music:S. Tyler, Tom Hamilton
    6. アザー・サイド - Dulcimer Stomp / The Other Side
      Words/Music:S. Tyler, J. Vallance[11]
    7. マイ・ガール - My Girl
      Words/Music:S. Tyler, J. Perry
    8. ドント・ゲット・マッド、ゲット・イーヴン - Don't Get Mad, Get Even
      Words/Music:S. Tyler, J. Perry
    9. ヴードゥー・メディシン・マン - Hoodoo / Voodoo Medicine Man
      Words/Music:S. Tyler, Brad Whitford
    10. ホワット・イット・テイクス - What It Takes
      Words/Music:S. Tyler, J. Perry, D. Child
    11. エイント・イナフ - Ain't Enough (日本盤ボーナストラック)

    参加ミュージシャン[編集]

    ゲスト・ミュージシャン

    • ジョン・ウェブスター - キーボード
    • ザ・マルガリータ・ホーンズ(Tom Keenlyside, Ian Putz, Henry Christian, Bruce Fairbairn) - ホーン・セクション

    脚注[編集]

    1. ^ australian-charts.com - Aerosmith - Pump
    2. ^ ChartArchive - Aerosmith
    3. ^ Pump - Aerosmith : Awards : AllMusic
    4. ^ swedishcharts.com - Aerosmith - Pump
    5. ^ charts.org.nz - Aerosmith - Pump
    6. ^ Aerosmith - Pump - hitparade.ch
    7. ^ norwegiancharts.com - Aerosmith - Pump
    8. ^ ORICON STYLE
    9. ^ Charts.de - 2014年9月21日閲覧
    10. ^ dutchcharts.nl - Aerosmith - Pump
    11. ^ 盤によっては、ホーランド=ドジャー=ホーランドの名がクレジットされているが、これは、本人たちから、サビの歌い回しがフォー・トップスの『Standing in the Shadows of Love』という歌と類似しているとして苦情が来て、このままだと訴訟問題に進展しまいかねなかったため、その妥協案としてクレジットに示すことで、ようやく和解に至ったという経緯がある。