ゼイ玄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「芮玄」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

芮 玄(ぜい げん、? - 226年)は、中国三国時代の人物。文表。父は芮祉。兄は芮良。娘は孫登の妻。

生涯[編集]

父と兄は孫氏に従い、戦功を立てた。兄の死後、その軍勢を引き継ぎ、奮武中郎将に任ぜられ、功労によって溧陽侯に封じられた。

潘濬伝」の注に引く『呉書』によると、孫権が孫登の妃に相応しい女性を選ぼうとした時、群臣は「芮玄は父の芮祉・兄の芮良とともに、徳義・文武をもって3代にわたり名声がある」と進言した。このため「芮玄の娘を太子妃とした」とある。

黄武5年(226年)に死去すると、孫権は彼の死を惜しんだという。潘濬がその軍勢を引き継いだ。

参考資料[編集]