UESAC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

UESAC(ウプサラ-ヨーロッパ南天天文台小惑星、彗星調査:Uppsala-ESO Survey of Asteroids and Comets )は1992年から1993年の間に行われた小天体の調査プログラムである。

チリのヨーロッパ南天天文台とオーストラリアのサイディング・スプリング天文台のシュミット・カメラを用いて、3400の小天体の位置が調査され、2500の小天体の軌道が計算された。2006年時点で、1002個の新しい小惑星を発見し、小惑星番号が与えられた。(6102) Visby から (120498) 1993 FD53が登録されているがさらに増えると思われる。