Socket 5

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Socket 5
Sockel-5.jpg
ソケット形式 ZIF
チップ形状 SPGA
コンタクト数 320ピン
バスプロトコル proprietary
FSB 50/60/66MHz
電圧範囲 3.3 V(3.1 - 3.6 V)
採用プロセッサ Intel Pentium (75 - 133 MHz)
Intel Pentium Overdrive (125 - 166 MHz)
Intel Pentium Overdrive MMX (125 - 200 MHz)
AMD K5 (PR75 - PR200)
IDT WinChip (180 - 200 MHz)
IDT WinChip-2 (200 - 240 MHz)
IDT WinChip-2a (233 MHz)
その他互換性のあるCPU

Socket 5 は、第2世代の Intel Pentium プロセッサおよび Pentium OverDrive プロセッサ向けのソケットである。対応するプロセッサの駆動周波数は 75 MHz から 133 MHz。Pentium MMX プロセッサは Socket 5 とは互換性がない。ピン数は320、中心電圧は3.3V。SPGA向けの最初のソケットであった。SPGA はピン配置が従来よりも高密度になっている。Socket 5 の後継として Socket 7 がある。

仕様
ピン数 320
FSBクロック 50/60/66MHz
電圧 3.3 V(3.1 - 3.6 V)
マザーボード 第2世代 Pentium
サポートしているプロセッサ Pentium 75-133 MHz, Pentium OverDrive

外部リンク[編集]