Server Side Includes

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Server Side Includes (SSI) はWebサーバの機能の1つである。

HTMLの中にWebサーバ側で実行するコマンドを埋め込んでおき、その実行結果をクライアントサーバに返す仕組みである。ただしWebサーバ自体がSSIに対応またはサービス利用可になっている必要がある。

Apache HTTP ServerではSSIを含んだHTMLファイルの拡張子を.shtmlなどとするか、実行権限を与える (XBitHackを使用) などの方法を使って識別させる必要がある。

実行可能なコマンド[編集]

config[編集]

時期、サイズ、エラーメッセージのフォーマットを設定する。

echo[編集]

WebページにSSI変数の値を差し込む。

exec[編集]

システムコマンドやCGIプログラムを実行し、その出力結果をWebページに差し込む。

fsize[編集]

指定したファイルのサイズをWebページに差し込む。

flastmod[編集]

ファイルの最終更新日時をWebページ内に差し込む。

include[編集]

同一Webサーバ上に置いた別ファイルの内容を取得してWebページに内に差し込む。クライアント側では既に取り込まれた状態になっているため、ブラウザ等でソースを見てもinclude指定と差し替わっているため見分けができない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]