Pacbase

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pacbase
開発者 IBM

Pacbaseは、IBMによって開発された、言語の使い分けのできる構造化プログラミングプログラミング言語の一つである。

概要[編集]

Pacbaseは他の新しい言語と同様、産業用に広く使われており、IBMによりサポートされている。IBMのVisualAge Pasbaseは、IBMやIBM以外のメインフレームの両方で稼働し、IBM WebSphere Studio Application Developerにより統合される。Pacbaseのコードはコンパイルされると、まずCOBOLに変換され、更にバイナリにコンパイルされる。

2003年にはIBM VisualAge Pacbase V3.5が発表され、サーバー側にはIBMメインフレームの他、Microsoft Windows、各社UNIXLinuxなどが、クライアント側にはMicrosoft Windows、各社UNIXLinuxなどがサポートされた。なお日本では販売されていない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]