Enterprise Generation Language

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Enterprise Generation Language
パラダイム マルチパラダイム
登場時期 2005
開発者 IBM

Enterprise Generation Language(EGL)は、IBMによって開発されたプログラミング言語4GL)の一つ。シンプルで習得が容易で生産性が高いビジネス言語、とされている。

概要[編集]

Enterprise Generation Language(EGL)は、高水準のモダンなビジネス指向のプログラミング言語であり、IBMによってプラットフォーム非依存となるよう設計された。EGLの構文は他の一般的な言語と似ているため、似たようなプログラミングの知識を持つアプリケーション開発者ならば容易に覚えることができる。EGLのアプリケーション開発は抽象化されており、ビジネス機能を構築する際のシステムやミドルウェアの技術的なインターフェースによってプログラマーが影響されない。EGLアプリケーションとサービスは、EGLのソースレベルで書かれ、テストされ、デバッグされ、そして一旦機能テストに満足できる品質となれば、COBOLJavaJavaScriptコンパイルでき、ビジネスアプリケーションの開発に必要な以下の環境のいずれでも実行することができる。

EGLのプログラミングツールにはEclipseベースの商用製品であるRational Business Developerや、Rational Developer for System zのEGL版が使用できる。EGLは、手続き型言語やレガシーの4GLとは言語の意味論(動作)の親和性があるため、レガシー・アプリケーションを最新化し統合することにも向いている。4GLからの変換は以下を参照。

  • IBMやInformixの4GLからEGLへの変換は、Rational Business Developerの中に変換ツールのセットが含まれている。
  • Software AG NaturalやIBM RPGからEGLへの変換は、IBMサービス提案や補完製品(Rational Migration Extension for Natural、Rational Migration Extension for System i)の中に変換ツールのセットが含まれている。
  • 他の多数の4GLからEGLへの変換は、サードパーティーの変換ツールやサービスが役に立つ。

歴史[編集]

  • 2005年 VSE向けVisualAge GeneratorのEGLサポート [1]
  • 2008年 IBM Rational Business DeveloperのEGLサポート [2]

関連書籍[編集]

参照[編集]

  1. ^ VisualAge Generator EGL Plug-in for VSEの発表
  2. ^ IBM Rational Business Developer V7.5.1 and EGLの発表

関連項目[編集]

外部リンク[編集]