PBA世界選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

PBA世界選手権PBA World Championship)は、アメリカプロボウリング「PBAツアー」の4大メジャートーナメント(公式戦)の1つ。1958年に設立され、翌年からツアーを開始した全米プロボウラーズ協会(The Professional Bowlers Association:PBA)が、1960年に初のメジャートーナメントとしてPBA全米選手権(PBA National Championship)を創設。2001年のツアー改革により2002年大会から改称した。

特徴[編集]

2002年大会からPBAツアーシーズンの集大成的イベントとして、4大メジャートーナメントの中でも最高峰に位置づけられたが、現在は当時の試みがことごとく消滅した形となっており、単なる1メジャートーナメントとなっている。

  • 優勝賞金 12万ドル(2002年 - 2005年、史上最高額)→5万ドル(2007年以降、全米オープンは10万ドル)
  • 開催時期 最終戦または最終盤(2002年 - 2007年)→全21戦中第17戦(2008年2月)→開幕戦(2008年10月)
  • 優勝者獲得ツアー優先出場権 5年(2004年)→4年(2005年 - 2007年)→2年(2008年2月以降、全米オープンは3年)
  • シーズンポイントランキング上位者シード
    2003年大会から、シーズンのポイントランキング上位8人に対し、予選及びマッチプレー1回戦(Round of 32)と2回戦(Round of 16)を免除し、3回戦(Round of super 16)から登場することとされた。このシードにより8人は、16位以上が確定するうえ、優勝までのゲーム数が極端に少なくなり、大変有利となった。しかし2005年大会から、対象者をポイントランキング上位4人に限り、新たに予選の上位4人に対し、マッチプレー1回戦と2回戦を免除することになった。そして2007年大会から、ポイントランキング上位者に対するシードは消滅し、予選の上位8人に対し、マッチプレー1回戦と2回戦を免除することになった。

優勝までのゲーム数(2008年10月大会)[編集]

最高57G=1次予選18G+2次予選9G+マッチプレー4回戦×7G+TV決勝2G
最低37G=1次予選18G+2次予選9G+マッチプレー2回戦×4G+TV決勝2G

歴代優勝者[編集]

優勝者 備考
1960年 Don Carter
1961年 Dave Soutar
1962年 Carmen Salvino
1963年 Billy Hardwick
1964年 Bob Strampe
1965年 Dave Davis(1勝目)
1966年 Wayne Zahn(1勝目)
1967年 Dave Davis(2勝目)
1968年 Wayne Zahn(2勝目)
1969年 Mike McGrath(1勝目)
1970年 Mike McGrath(2勝目)
1971年 Mike Limongello
1972年 Johnny Guenther
1973年 Earl Anthony(1勝目)
1974年 Earl Anthony(2勝目)
1975年 Earl Anthony(3勝目)
1976年 Paul Colwell
1977年 Tommy Hudson
1978年 Warren Nelson
1979年 Mike Aulby(1勝目)
1980年 Johnny Petraglia
1981年 Earl Anthony(4勝目)
1982年 Earl Anthony(5勝目)
1983年 Earl Anthony(6勝目)
1984年 Bob Chamberlain
1985年 Mike Aulby(2勝目)
1986年 Tom Crites
1987年 Randy Pedersen
1988年 Brian Voss
1989年 Pete Weber(1勝目)
1990年 Jim Pencak
1991年 Mike Miller
1992年 Eric Forkel
1993年 Ron Palombi Jr.
1994年 David Traber
1995年 Scott Alexander
1996年 Butch Soper
1997年 Rick Steelsmith
1998年 Pete Weber(2勝目)
1999年 Tim Criss
2000年 Norm Duke(1勝目)
2001年 Walter Ray Williams Jr.(1勝目) PBAツアー01-02シーズン
2002年 Doug Kent(1勝目) PBAツアー01-02シーズン
2003年 Walter Ray Williams Jr.(2勝目) PBAツアー02-03シーズン
2004年 Tom Baker PBAツアー03-04シーズン
2005年 Patrick Allen PBAツアー04-05シーズン
2006年 Walter Ray Williams Jr.(3勝目) PBAツアー05-06シーズン
2007年 Doug Kent(2勝目) PBAツアー06-07シーズン
2008年2月 Norm Duke(2勝目) PBAツアー07-08シーズン
2008年10月 Norm Duke(3勝目) PBAツアー08-09シーズン

外部リンク[編集]