Lytro

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
前面(レンズ側)と背面

Lytro(ライトロ)は、ライトフィールドカメラ英語版と呼ばれるデジタルカメラの商品ブランド名、または、開発した企業

スタンフォード大学のライトフィールド技術の研究者であったレン・ンが2006年に米カリフォルニア州で設立した企業で、2011年10月に製品を発表し、2012年2月末より製品出荷が始まった。 撮影後、画像の焦点を変えられるのが特長で、Lytroが一般消費者向けで発売された初のライトフィールドカメラ。 主レンズとセンサの間にミニレンズ群を配置し、種々の方向からの光線を記録し、ソフトウエアにより画像を作成する[1]

仕様など[編集]

  • 形状(重量):44mm x 41mm x 112mm (214g)
  • レンズ,絞り:8倍光学ズーム f/2
  • 容量:8GBと16GBの2種類

脚注[編集]

外部リンク[編集]