Lytro

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第1世代機。前面(レンズ側)と背面

Lytro(ライトロ)は、ライトフィールドカメラ英語版という、後から焦点合わせができる写真を撮影できるカメラを一般消費者向けに開発・販売する企業およびそのブランドである。

スタンフォード大学のライトフィールド撮影技術の研究者であったレン・ン英語版が、2006年に米カリフォルニア州で Refocus Imaging という名前で設立し、2011年春頃にLytroと改称した。第1号の製品は2011年10月に発売を発表し、2012年2月末から出荷された。続いて第2世代機Illumを発表・発売した。

ライトフィールドカメラについての詳細は別節とする。同様ないし類似のメカニズムのライトフィールドカメラはRaytrix英語版など工業用カメラが他にもあるが、一般消費者を対象とした製品を開発・広告・販売したのはLytroが初だった。

製品・仕様など[編集]

Lytro Illum[編集]

  • 発売:2014年7月
  • 形状(重量):86mm x 145mm x 166mm (940g)
  • レンズ:30mm - 250mm 光学8倍ズーム、全域F値2.0

第1世代[編集]

  • 形状(重量):44mm x 41mm x 112mm (214g)
  • レンズ,絞り:8倍光学ズーム f/2
  • 容量:8GBと16GBの2種類

ライトフィールドカメラ[編集]

2つのカメラを使用して遠近情報を持ったステレオ画像が生成できることは直感的に理解される。この原理を拡張し、縦横に配置した多数のカメラ群を使用することで、より精密な3次元空間情報を持つデータを取得するのがライトフィールド技術である。撮影された生データの見かけは単なる複眼写真であるが、これにライトフィールド理論による演算処理を行うことで、任意の位置にピント視点を変えられる画像が生成される。

複数のカメラ群の代わりに、一つの主レンズとセンサの間に複眼状のミニレンズ群を配置することで同様の効果を得ている。しかし、ミニレンズ(=解像度)を増やすほど一つのミニレンズ当たりのセンサ画素数(=3次元情報)が少なくなるというトレードオフがあり、1000万画素のセンサから得られる画像が100万ピクセル程度に留まっている[1]

Lytroの他にも製品はあるが、一般消費者を対象とした製品を開発・広告・販売したのはLytroが初であった[2]

出典[編集]

外部リンク[編集]