Link Layer Topology Discovery

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Link Layer Topology DiscoveryLLTD)は、ネットワーク構成を検出し、Quality of Service(サービス品質)の診断を行うデータリンク層プロトコルである。Windows Rally技術の一環としてマイクロソフトにより開発され、ライセンスされている。LLTDプロトコルは、有線、無線のどちらにも適用できる。

Windows VistaはLLTDを含んでおり、コンピュータが接続しているLAN無線LANの構成を視覚的に表示するNetwork Map機能で使われている。Windows XPはLLTDプロトコルを実装していないため、Windows XPのコンピュータ用のLLTDレスポンダをインストールしないとNetwork Mapに表示されない。

LLTD仕様に準拠したソフトウェアを作成するためには、Microsoft Windows Rallyライセンス契約を締結する必要がある。

マイクロソフトは、Windows Rally開発キットの一部として、著作権フリーではないが無料のLinuxリファレンス実装を提供している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]