J型小惑星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

J型小惑星(J-type asteroid)は、ダイオジェナイトと似たスペクトルを持つ小惑星の分類であり、そのため、ベスタの地殻の深い層に由来すると考えられている。

これらのスペクトルは、V型小惑星のものと似ているが、1μmに特徴的な強い吸収帯を持つ。この分類の小惑星の例は、コルベットノートン(4005) 1979 TC2(4215) 1987 VE1等である[1]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ R. P. Binzel and S. Xu Chips off of asteroid 4 Vesta: Evidence for the parent body of basaltic achondrite meteorites, Science, Vol. 260, p. 186 (1993).