IRAF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
IRAF
開発元 NOAO
最新版 2.14 / 2007年12月1日
対応OS クロスプラットフォーム
種別 天体画像解析
公式サイト http://iraf.noao.edu
テンプレートを表示

IRAFImage Reduction and Analysis Facilityの略である。IRAFはアメリカ国立光学天文台のプログラマーによって書かれたソフトウェアの集合体である。

このソフトウェアにより,CCDカメラなどの検出器により得られたピクセル配列フォームの天体画像データを解析することができる。

IRAFはほぼ全てのオペレーティングシステム上で利用できる。Unix系のOS向けに作成されたが、Cygwinを用いることによりMicrosoft Windows上でも利用できる。いくつかのLinuxディストリビューションにおいても利用可能である。

単一鏡の検出器によって得られたデータは一般的にIRAFを用いて解析されるが、開口合成によって得られたデータはAIPS (Astronomical Image Processing System)もしくはmiriadによって解析される。

外部リンク[編集]

英語[編集]

日本語[編集]