ILLIAC I

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ILLIAC I のメモリドラム

ILLIAC I(イリアック・ワン、Illinois Automatic Computer、イリノイ自動計算機)は、イリノイ大学1952年に開発された初期のコンピュータであり、教育研究機関が自前で開発して所有した最初のコンピュータでもある。

ILLIAC I はプリンストン高等研究所(IAS)の数学者ジョン・フォン・ノイマンが編集した Von Neumann Architecture に基づいている。当時の他のコンピュータとは異なり、ILLIAC I とORDVACコンピュータは完全互換性があり、同じソフトウェアが動作した。約 2800本の真空管で構成され、大きさは長さ3m、幅0.6m、高さ2.6m、重さは4.5tである。ILLIAC Iは当時としては非常に高性能で、1956年のベル研究所に存在した全コンピュータの能力を合わせても、ILLIAC I 1台に敵わなかった。

ILLIAC の使用した真空管の寿命は約 1年であったため、予防的保守としてマシンは毎日シャットダウンされた。そのときに古い真空管を壊れる前に交換していたのである。マシンはILLIAC IIが使用可能になった 1962年に現役を退いた。

ILLIAC I での成果[編集]

  • 1955年、Lejaren Hiller と Leonard Isaacson は ILLIAC I を使って "Illiac Suite" という曲を作曲している。これはコンピュータを使って音楽を作った初期の例である。詳しくは電子音楽の項を参照。
  • 1957年、イリノイ大学の数学者ドナルド・ギリースと物理学者ジェームズ・シュナイダーと天文学者ジョージ・マクビッティ、S.P.ワイアット、イワン・キング、ジョージ・スウェンソンは、ILLIAC I を使用して人工衛星スプートニク1号の軌道を打ち上げから二日以内に計算した。
  • 1960年、コンピュータ支援教育システムPLATOが構築された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

いずれも英文。