DirectDraw Surface

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マイクロソフトDirectDraw Surface(.dds)はテクスチャやキューブ(環境)マップを格納するために利用されるファイルフォーマットであり、圧縮と非圧縮の両方に対応している。これは、GPUや、プレイステーション3Xboxのような家庭用ゲーム機で利用されるDXTC圧縮データを格納できるように作られている。

歴史[編集]

このフォーマットはDirectX 7.0で導入された。DirectX 8.0でボリュームテクスチャがサポートされた。元々はDirectXのために設計されたがOpenGLでも同様にARB texture compression[1]拡張によって利用可能である。

関連項目[編集]