Component Pascal

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Component Pascalニクラウス・ヴィルトによる PascalModula-2OberonOberon-2 の伝統をひくプログラミング言語である。Pascal の名を持つが、Pascal 互換ではない。むしろ Oberon-2 から派生した改良版であり、チューリッヒ工科大学から分離独立したオベロン・マイクスシステムズという小さな会社によって設計、保守されている。彼らのIDE(統合開発環境)は BlaxBox Component Builder と呼ばれる。1994年に最初のバージョンが Oberon/F としてリリースされたとき、フィールドとコマンドボタンを、エクスポートされた変数とプロシージャに結び付けた、編集可能なフォームを用いたグラフィカルユーザインターフェイスへの新しいアプローチを提案した。

オーストラリアのクイーンズランド工科大学のジョン・ゴーを中心としたガーデンズ・ポイント・チームによる .NETJava仮想マシン のためのオープンソース実装が存在する。

2004年6月23日、オベロン・マイクスシステムズは BlackBox Component Builder が無料ダウンロード可能になったことと、オープンソース版が計画されていることを発表した。最初に2004年12月にベータ版がリリースされ、2005年12月に最終V1.5にアップデートされた。IDE、コンパイラ、デバッガ、ソースアナライザ、プロファイラ、インターフェイスライブラリの完全なソースが含まれ、彼らのウェブサイトからダウンロードも可能である。

BlackBox Component Pascal は、例えばソースファイルのようなドキュメントファイルに拡張子 .odc を用い、シンボルファイルに .osf を用いる。一方、Gardens Point Component Pascal はソースに .cp、シンボルファイルに .cps を用いる。BlackBox Component Pascal は、専用の実行オブジェクトフォーマットとして .ocf を持ち、このフォーマットのための実行時リンクローダを含む。

文法[編集]

Component Pascal の完全な文法は以下の通りである。Oberon-2 よりもかなり先進的な言語であるにも関わらず、それよりひとつ多いだけの、たった34のEBNF生成規則しか必要としない。

Module = MODULE ident ";" [ImportList] DeclSeq [BEGIN StatementSeq] [CLOSE StatementSeq] END ident ".".
ImportList = IMPORT [ident ":="] ident {"," [ident ":="] ident} ";".
DeclSeq = { CONST {ConstDecl ";" } | TYPE {TypeDecl ";"} | VAR {VarDecl ";"}} {ProcDecl ";" | ForwardDecl ";"}.
ConstDecl = IdentDef "=" ConstExpr.
TypeDecl = IdentDef "=" Type.
VarDecl = IdentList ":" Type.
ProcDecl = PROCEDURE [Receiver] IdentDef [FormalPars] MethAttributes [";" DeclSeq [BEGIN StatementSeq] END ident].
MethAttributes = ["," NEW] ["," (ABSTRACT | EMPTY | EXTENSIBLE)].
ForwardDecl = PROCEDURE " ^ " [Receiver] IdentDef [FormalPars] MethAttributes.
FormalPars = "(" [FPSection {";" FPSection}] ")" [":" Type].
FPSection = [VAR | IN | OUT] ident {"," ident} ":" Type.
Receiver = "(" [VAR | IN] ident ":" ident ")".
Type = Qualident
    | ARRAY [ConstExpr {"," ConstExpr}] OF Type
    | [ABSTRACT | EXTENSIBLE | LIMITED] RECORD ["("Qualident")"] FieldList {";" FieldList} END
    | POINTER TO Type
    | PROCEDURE [FormalPars].
FieldList = [IdentList ":" Type].
StatementSeq = Statement {";" Statement}.
Statement = [ Designator ":=" Expr
    | Designator ["(" [ExprList] ")"]
    | IF Expr THEN StatementSeq
        {ELSIF Expr THEN StatementSeq}
        [ELSE StatementSeq] END
    | CASE Expr OF Case {"|" Case}
        [ELSE StatementSeq] END
    | WHILE Expr DO StatementSeq END
    | REPEAT StatementSeq UNTIL Expr
    | FOR ident ":=" Expr TO Expr [BY ConstExpr] DO StatementSeq END
    | LOOP StatementSeq END
    | WITH [ Guard DO StatementSeq ] {"|" [ Guard DO StatementSeq ] } [ELSE StatementSeq] END
    | EXIT
    | RETURN [Expr]
    ].
Case = [CaseLabels {"," CaseLabels} ":" StatementSeq].
CaseLabels = ConstExpr [".." ConstExpr].
Guard = Qualident ":" Qualident.
ConstExpr = Expr.
Expr = SimpleExpr [Relation SimpleExpr].
SimpleExpr = ["+" | "-"] Term {AddOp Term}.
Term = Factor {MulOp Factor}.
Factor = Designator | number | character | string | NIL | Set | "(" Expr ")" | " ~ " Factor.
Set = "{" [Element {"," Element}] "}".
Element = Expr [".." Expr].
Relation = "=" | "#" | "<" | "<=" | ">" | ">=" | IN | IS.
AddOp = "+" | "-" | OR.
MulOp = " * " | "/" | DIV | MOD | "&".
Designator = Qualident {"." ident | "[" ExprList "]" | " ^ " | "(" Qualident ")" | "(" [ExprList] ")"} [ "$" ].
ExprList = Expr {"," Expr}.
IdentList = IdentDef {"," IdentDef}.
Qualident = [ident "."] ident.
IdentDef = ident [" * " | "-"].

外部リンク[編集]

OberonOberon-2 の進化[編集]