CISM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

CISM(シーアイエスエム)は、クリティカル・インシデント・ストレス・マネージメント(Critical Incident Stress Management)の略語で、危機的な状況によるストレスを自ら処理する方法のことである。日本語では「惨事ストレスマネジメント」とも訳される。

概要[編集]

Critical Incident(CI)とは「惨事」と訳されるが、この場合、予測できない突然発生する事故や災害のことをいう。CIは極度のストレスをもたらし、心身症やPTSD(Posttraumatic Stress Disorder:心的外傷後ストレス障害)を誘発する可能性がある。CISMはその惨事ストレス(CIS)への危機介入であり、CISをコントロールし、上手に向き合っていく方法である。これにより、PTSDの発症予防、あるいは症状軽減を図り、職場復帰をよりスムーズにすることが期待される。

沿革[編集]

この取り組みは航空業界にて積極的に行われている。日本において契機となった事件は、1999年7月23日に生じた全日空ハイジャック事件である。この事件では、全日空61便が包丁をもった男に乗っ取られ、機長が殺害された。しかしながら、便乗していたクルーによって何とか墜落は回避された。事件後、便乗員はトラウマ体験に悩まされ、心のケアの重要性が認識されることとなる。その後、この事件の心のケアを担当した堤邦彦(精神科医、当時北里大学医学部講師)らが主体となり、1999年にPTSD学習会、2001年にPTSDシンポジウム、2002年にPTSDフォーラム、2003年に安全集会での講演を経て、さらに中濱慶子(臨床心理士)が加わり、2004年にCISM(Critical Incident Stress Management:惨事ストレスマネージメント)セミナーをスタートさせた。 当初のCISMセミナーでは、米国でのCISM活動を参考にし、日本独自のカリキュラムが行われていたが、当セミナー講師であった堤が2005年に急逝し、以後、米国ALPA(Airline Pilot Association)が採用しているICISF(International Critical Incident Stress Foundation)のCISMを採用することとなった。2006年に中濱がICISFの教官資格を取得し、同年より現行のカリキュラムとなっている。

活動内容[編集]

CISMセミナーではCISMを学び、Peer Support Volunteer(PSV)を養成している。PSVの役割は、守秘義務の上で職場の仲間による「聴く」サポートを行い、CISを負った当事者のストレス緩和を図るとともに、専門家へ橋渡しを行うことである。また、CISMセミナーを受講することで、サポートに対する偏見や抵抗を減らし、仲間に対してのみならず自らの精神活動にも役立つことが期待される。

PSVとなるためには、CISMセミナーを受講する必要がある。本セミナーにはGroupコースとIndividualコースがあり、両コースを受講しなければならない。両コースともに、ロールプレイを交えつつコミュニケーション技術、特に聴く技術の習得を図る。Groupコースではさらに複数のグループによる危機介入の方法論を、Individualコースでは個人対応を学ぶ。各コースを受講すると、それぞれICISFより修了証が授与される。 実際、多くの事例において積極的に活動し、十分な成果をあげている。今後は航空業界におけるさらなる浸透のみならず、他業種への普及が期待される。

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

Mitchelle, J.T.:Critical Incident Stress Management (CISM) Group Crisis Intrevention 4th Ed. Internaitonal Critical Incident Stress Foundation, Inc. MD. 2006. (中濱慶子監訳: 緊急事態ストレスマネージメント 集団での危機介入 第4版 Aviation CISM Japan. 2011)

Everly, G. E.: Assisting Individual in Crisis 4th Ed. International Critical Incident Stress Foundaiton, Inc. MC. 2006. ( 中濱慶子監訳: 緊急事態の個人対応 第4版 Aviation CISM Japan. 2011)

Mitchell, J.T. & Everly, G.S.: Critical Incident Stress Debriefing: An Operation Manual for CISD, Defusing and other Gruop crisis Intervention Services. Chevron. MD. (緊急事態ストレス・PTSD対応マニュアル 高橋祥友 金剛出版 2001)