Automatic Call Distributor

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Automatic Call DistributorACD着信呼自動分配) とは、主に公衆回線網から掛かってきた電話を、構内交換機などが一定の基準のもと、どの電話機に着信するかを自動的に割り振る機能のことを言う。


ACDの目的[編集]

外部から着信した電話(着信呼)を、オペレータに対し『分配』を行うために使われる。

構内交換機の一機能として搭載されたり、外付けのコンピュータによるソフトウェア制御によるものがある。

分配を行う基準はさまざまである。「均等に分配する」「手が空いているオペレータへ優先的に分配する」「熟練しているオペレータへ優先的に分配する」など、いくつかの基準を構内交換機に設定しておけば、それに沿って分配が行われる。

企業の内線電話向けに使われることはあまりないが、コールセンターなどではほとんど必須といえる機能である。

ACDの日本語訳[編集]

ACDの日本語訳として、「着信呼自動分配」「自動着信呼分配」「自動着信呼配分」など、いくつかの呼び名があるが、これといった決め手の日本語訳はない。


関連項目[編集]