A級駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
A級駆逐艦
HMS Achates (H12).jpg
艦級概観
艦種 駆逐艦
艦名 Aで始まる単語
前級 アマゾンアンバスケイド
次級 B級駆逐艦
性能諸元
排水量 基準:1,350トン
サガネー、スキナー:1,337トン
全長 98.5m(323 ft)
全幅 9.8m(32 ft)
吃水 3.7m(12.2 ft)
機関 アドミラリティ・ボイラー3基蒸気タービン2基2軸推進、34,000 shp
アケロン:ソーニークロフト・ボイラー3基蒸気タービン2基2軸推進
アンソニー、アーデント:ヤーロウ・ボイラー3基蒸気タービン2基2軸推進
最大速力 35ノット
航続距離 15ノット時4,800海里
乗員 138名
兵装 119mm(4.7 in) Mark IX 単装砲(CP Mk.XIII 砲塔)4基
QF 2ポンド Mk.II 対空砲 2門
533mm(21 in)Mk.IX 4連装魚雷発射管 2基

A級駆逐艦 (A class Destroyer) はイギリス海軍駆逐艦の艦級。1927年度海軍計画で8隻が建造、9隻目となるコドリントンは駆逐隊のリーダー(嚮導駆逐艦)を目的として機能を拡張して建造。サグネイスキーナの2隻は連邦内のカナダ海軍のために建造された。

設計[編集]

A級は1926年度プロトタイプの駆逐艦アマゾンアンバスケイドを元にした。プロトタイプから修正を意図した点は以下の通り。

艦砲
全周防楯化(シールド)、速射性の向上(Quick Firing, QF)、仰角の高角化(High-Angle, HA)を盛り込んだB型砲塔へ変更。
魚雷
3連装であった魚雷発射管を4連装にしてアズディク(ソナー)を装備し、高速の駆逐艦や掃海艇に頼っていた爆雷なども搭載。
機関
別々になっていた巡航用の蒸気タービンを主タービンに換装し、港で停泊して機関を停止させた時でも艦内に電気を供給できるようにガソリン駆動の発電機を備える。

結果的にHAは失敗して機能を加えられなかったばかりか、コスト削減のためほとんどの爆雷とアズディクを撤去することになり、A級はプロトタイプよりも約200トン重くなってしまった。速度は35ノットを出せたが、最大積載時はわずか31ノットしか発揮できなかった。それでもプロトタイプと比べれば改善された点として4連装魚雷発射管の装備は大きな前進であった。

3番艦のアケロンは重量と経済性を調べる実験に、高温高圧ボイラー(500 psi, 750°F)のパーソンズ・マーリン蒸気タービンを搭載した。アケロンの消費燃料は0.8 lb -1 馬力-1 時間-1で姉妹艦の0.6 lb-1 馬力-1 時間-1と比べて縮小した。判定は確定しなかったが、不運なことに海軍本部は保守的な決定を下し、従来の機関(300 psi / 600°F)搭載を維持した。そのため、バトル級駆逐艦(1942)で採用されて登場する1944年まで使用されることはなく、主要な海軍国に10年の遅れをとることになった。

コドリントンの設計は駆逐隊指揮官とそのスタッフとなる士官約47名を収容するため、A級が320 ft(98m)であったのに対して343 ft(105m)まで拡大された。5基目となる煙突の間に4.7インチ砲を追加し、39,000 shpの出力を得て37.7ノットまで出せた。しかし、それらの影響を受けて延長された船体はいくぶんか不便を生み、A級の標準的な旋回径より大きくなって小回りが効かなくなった。それらは駆逐隊の編成を難しくさせた。

カナダ海軍のサグネイ、スキーナは氷海での行動を想定して、艦首を被覆して重量化・強化するといった細かな改良を行った。イギリスのA級より全長を3フィート短くし、わずかに排水量が減った。2隻はJ・I・ソーニークロフト建築家の手によって特有の幅広い厚板をもつ煙突に設計された。

性能諸元[編集]

HMS コドリントン D65[編集]

諸元

  • 基準排水量:1,540トン
  • 満載排水量:2,012トン
  • 全長:104.5m(343 ft)
  • 全幅:10.29m(33 ft 9 in)
  • 吃水:3.8m(12 ft 4 in)
  • 乗員:185名

性能

  • 速力:37ノット
  • 機関:アドミラリティ・ボイラー3基蒸気タービン2基2軸推進
  • 出力:39,000 shp
  • 航続距離:15ノット時4,800海里

武装

  • 119mm(4.7 in) Mark IX 単装砲(CP Mk.XIII 砲塔)5基
  • QF 2ポンド Mk.II 対空砲 2門
  • 533mm(21 in)Mk.IX 4連装魚雷発射管 2基

同型艦[編集]

イギリス海軍[編集]

カナダ海軍[編集]

関連項目[編集]