58mm迫撃砲2型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
58mm迫撃砲2型

58mm迫撃砲2型(フランス語:Mortier de 58 mm type 2)とは第一次世界大戦フランス軍が使用した迫撃砲である。

スピガット・モーター式、すなわち砲弾が砲身よりも大きいタイプの迫撃砲であり、砲弾の後方に設けられたロッドを砲口に差し込んで装填するため、三種類の大きさの砲弾を使用することが出来た。

スペック[編集]

  • 生産年:1915年1940年
  • 口径:58.3 mm
  • 仰角:45~82.5度