黄金のがちょう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
「黄金のがちょう」の挿絵。本稿の話とは設定が異なっている。(Wikipedia ドイツ語版より)

黄金のがちょう』(おうごんのがちょう : Die goldene Gans)は、グリム童話の一つ。『金(きん)のがちょう』とも。家族や社会から疎外されていた者が善行によって成功して幸運をつかむという類型の物語である。典拠によって多少話は異なるが、おおよそ次のようである。

あらすじ[編集]

ある所に3人の兄弟がいた。上の兄2人は利口者だったが一番下の弟は少し頭が弱くて、「抜け作」と呼ばれていた。ある日、一番上の兄が森へ木を切りに行く事になり、母親が卵を入れて焼いたパンと上等のぶどう酒の弁当を作ってくれた。兄が森へ行くと小人の老人が現われ、「おなかが空いて死にそうです。あなたのパンとぶどう酒を少し分けて下さい」と言う。意地の悪い兄は、「お前にやったらおれの分がなくなる」と、相手にせず木を切り始めたが、急に手が滑って斧で大けがをしてしまった。2番目の兄が行った時も同じような事になって大けがをした。

すると抜け作が、自分が木を切りに行くと言う。父親は、「お前のような役立たずに何ができる」と笑ったが、兄2人が働けないので仕方なく抜け作を森にやる事にした。しかし弁当は、灰を混ぜて焼いたパンと酸っぱいビールだった。するとまた小人の老人が出てきて、弁当を少し分けて下さい、と願う。抜け作は親切な男だったので、「おれのは灰を入れて焼いたパンと酸っぱいビールだ。こんな物でよかったら食べなよ」とかごを開けるが、パンは卵入りに、ビールは上等のぶどう酒になっていた。2人は喜んで分け合って食べ、老人は、「お礼にいい物をあげましょう。その木を切ってごらん」と言って去った。

抜け作が言われた通り木を切ると、中には黄金色に輝くがちょうが1羽入っていた。彼は、町へ売りに行こうとがちょうを抱えて歩き出す。途中で日が暮れたので旅籠に泊まる。宿の主人の妻は黄金のがちょうが欲しくなり、夜中に抜け作の部屋に忍び込んで持ち出そうとするが、触ったとたんにがちょうに手がくっついて離れなくなった。主人が、助けようと妻の腰に回した手も離れなくなった。仕方なく、抜け作は朝になると夫婦を後ろにくっつけたまままた旅に出る。道行く人々がこれを見て、主人たちを引き離してやろうとするが、彼らの手もたちまち離れなくなってしまう。かくして抜け作は、何十人ものよたよたと歩く行列を従えて町にやって来た。

町の城では、王様が一人娘の姫に困っていた。姫は美しいが、生まれてから一度も笑った事がないのだ。それで、姫を笑わせた者は姫と結婚させて自分の跡継ぎにさせる、とお触れを出していた。そこで、我こそはと思う者たちが次々にやって来ては姫を笑わせようといろんな面白い事をするのだが、姫はくすりとも笑わなかった。そこへ、抜け作がよたよたした行列を引き連れて歩いて来た。この様子をながめた姫は、よほど面白かったとみえて大声を上げて笑い出す。抜け作は姫と結婚して国王になる事が決まったのである。

しかし王様は、抜け作に娘や王位をやるのが惜しくなった。そこで難問を出す。「城の酒蔵の酒を全部飲み干せ」。抜け作は小人の老人に相談しようと、来た道を戻って森へ行くと、のどが渇いた男がいて、城の酒蔵へ行って一晩で空にしてしまった。それでも王様はまた「城の倉庫のパンを全部平らげよ」と言う。抜け作が森へ行くと腹を空かせた男がいて、城のパンを一晩で食べ尽した。王様はなお未練がましく、「海でも陸でも走れる船を持って参れ」と命じる。森へ行くと小人の老人がいて、そんな事は簡単だと言い、船体に車が付いた、海も陸も走れる船を出してくれた。

こうしてついに王様も根負けし、抜け作は姫と結婚して、後には王になって幸福に暮した。

関連項目[編集]