需要予測

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

需要予測(じゅようよそく)は、物の需要を短期的または長期的に予測することである。

需要の変動は、傾向変動循環変動季節変動、不規則変動などに分解される。これらを組み合わせる方法として、加法モデルと乗法モデルが考えられている(詳細は季節調整を参照)。

需要予測には様々な手法があり、最も状況に適した手法を選択することが重要である。移動平均 (moving average) 法と指数平滑法 (exponential smoothing) は最も広く利用されている。

移動平均法の一種である対移動平均比率法は、傾向変動と季節変動(のような一定周期の変動)がある場合について、計算が簡単でありながらうまく予測することのできる手法である[1]

脚注[編集]

  1. ^ 佃ほか著『新しい経営工学』中央経済社, 1997.

関連項目[編集]