電気穿孔法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

電気穿孔法(でんきせんこうほう、electroporation) [1][2]形質転換法の一種であり、英語のままエレクトロポレーションと呼ばれることも多い。 細胞懸濁液に電気パルスをかけることで細胞膜に微小な穴を空け、DNAを細胞内部に送り込むことで、形質転換することができる。 この方法は、大腸菌動物細胞糸状菌などの形質転換に使用されている。 他の形質転換法に比べて簡単であることが大きな利点ではあるが、専用の器械を必要とすることなど短所も多い。

参考文献・脚注等[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ US20050282265
  2. ^ US20110263005

関連項目[編集]

外部リンク[編集]