電圧源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
内部抵抗を含む電圧源

電圧源(でんあつげん)は、内部抵抗が小さく、定電圧電気回路として動作するものである。短絡時に大電流が流れるため、その保安装置が必要である。

電源の起電力ES 、内部抵抗を RS 、負荷を R 、かかる電圧V0電流I とすると、

 I = \frac{E_S}{R_S + R}
 V_0 = IR = \frac{R}{R_S + R}E_S

ここで、 R >> RS とすると、

V0ES

関連項目[編集]