陰茎折症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
陰茎折症
分類及び外部参照情報
ICD-9 959.13, 959.14
eMedicine med/3415
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

陰茎折症(いんけいせっしょう、英:Penile fracture)とは、勃起した陰茎に過度の力が加わったことによって、浅陰茎背静脈などの血管の破裂による内出血や海綿体を包んでいる白膜などの組織が断裂して、陰茎が著しく変形したり腫れあがったりする外傷である[1]。白膜のみにとどまらず、陰茎海綿体自体に裂傷を生じる場合がある[2]

ほとんどは勃起時に発症する[2]。そのため、比較的勃起の多い20 - 30代に良く見られる疾患である[2]。発症時にはポキッっと折れた感じがし[3]、血腫を生じ膨れることがある[3]

なお、損傷は陰茎海綿体に起こる場合が多いが、希に尿道海綿体が損傷する場合もある。[3]

治療法[編集]

外科手術による修復が可能。切開して縫合する。早急に対応しないと有痛性勃起、勃起不全などの後遺症が残る可能性もある[1][2]。また、尿道断裂に至るなど重度なものは予後はよくなく、陰茎形成術、尿道形成術などを要する[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b 田中、盛岡 (2001)
  2. ^ a b c d e 木本 (1969)
  3. ^ a b c 大槻 (1969)

参考文献[編集]

  • 田中啓幹、盛岡政明(編)、2001、『泌尿器科学ハンドブック』、大学教育出版 原因、白膜断裂、縫合による治療について。
  • 大槻菊男編(編)、1957(初版)、1969(改訂第5版)、『大槻外科学各論』、文光堂