転移温度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

転移温度 (てんいおんど、Transition temperature) は相転移を起こす温度のこと。転移温度をTcと書くこともあるが、異なる場合もある(例:反強磁性におけるネール温度をTNと書いたりする)。

超伝導において、常伝導から超伝導、超伝導から常伝導に相転移する温度のことを超伝導転移温度、あるいは転移温度という。または、臨界温度ともいう。記号はどちらもTc(critical temperature)を使う。

このTcは、BCS理論の中でも最も有名な次の理論式、デバイ温度ΘD、状態密度N(0)、相互作用強さVで表される。

Tc=1.13 ΘD*exp(-1/N(0)V)

関連項目[編集]