設定より規約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

設定より規約(せっていよりきやく、: convention over configuration)とは、開発者の決定すべきことを減少させ、単純にするが柔軟性は失わせないというソフトウェア設計パラダイム

この言葉は本来、開発者が指定しなければならないのはアプリケーションの慣例に従わない点だけだ、ということを意味している。例えば、モデルの中に Sale というクラスがあれば、データベース中の対応する表の名前はデフォルトで sales である。この規約から逸脱したときだけ、例えばその表を "products_sold" という名前にした場合だけ、その名前を使ったコードを書く必要が生じる。

使用しているツールが実装した規約が開発者の望む動作と一致していれば、設定ファイルを書く必要もない。実装規約と望みの動作が違っている場合、必要な動作を設定しなければならない。

背景[編集]

従来のソフトウェアフレームワークには、複数の設定ファイルを持ちまたそれぞれに多数の設定項目が存在するものがあった。これらはプロジェクト固有の情報を定義するためのもので、URLからクラス~データベーステーブル間のマッピングに至るまで、多岐に渡る情報が含まれた。大量の設定ファイルがまたそれぞれ大量の設定項目を有するという状況は、アプリケーションの設計が過度に複雑であることを示す場合が少なくない。

例えば、Javaの永続性マッパーとして有名な Hibernate の初期バージョンでは、クラス実体(エンティティ)のフィールドとデータベーステーブル間のマッピングを XML ファイルで記述していた。ところが、このような情報の大半は、クラス名とデータベーステーブル名を同名とし、フィールド名とカラム名も同名にする、という簡単な規約さえあったならわざわざ定義するまでも無かった筈である。Hibernate の後のバージョンでは事実この設定用 XML ファイルは廃止され、正に今述べた通りの規約が採用された。規約から逸脱せざるを得ない場合は Java のアノテーションを用いて利用者独自の定義を書けるようになっている。

使用[編集]

最近のフレームワークは「設定より規約」アプローチを採用しているものが多い。たとえば、Ruby on RailsKohanaGrailsGrokZend FrameworkCakePHPSymfony などがある。

外部リンク[編集]